公益財団法人 みらいファンド沖縄

沖縄のNPO検索

現在募集中の基金

回復の島・沖縄プロジェクト

酒害やドラッグのないクリーンな沖縄をつくるために

  • DSC_3138-300x199
  • 琉球GAIAは、質の高い入所・通所プログラムを提供することで、これまで多数の依存症者の回復と社会復帰を支援してきました。今回、施設規模の拡充を通じて、アルコール・ギャンブル及び薬物依存症に関する身体的・精神的・社会的な支援サービスを提供し、回復と自立支援が可能となります。施設建設に向けてのご寄付よろしくお願いします。
    やじるし詳しくはこちら>>

琉球フィルハーモニックによるへき地校を巡るプロオーケストラコンサート事業

音楽の素晴らしさを多くの子どもたちに届けよう!

  • 子供達とハイタッチ
  • 沖縄県内では離島を含む僻地校が数多く存在し、移動や予算的な面を考えると学校を訪れて生演奏を届けることが困難な状況です。琉球フィルハーモニックでは、へき地校へプロのオーケストラを派遣し、コンサートの開催に必要な費用を寄付で募っています。どうぞご支援ください。
    やじるし詳しくはこちら>>

こどもの島沖縄交流体験プロジェクト

被災地の子どもたちを沖縄に招待しよう

  • p0501kodomonoshima_2013summer3
  • 東日本大震災の被災地では、物的復興支援と共に子どもたちの心身のケアサポートが必要になっています。このプロジェクトでは、放射線の影響で自由に遊べない子どもと保護者を沖縄に招待し、心身を癒してもらうと共に、沖縄県民との交流を通じて絆を深めます。互いに支え合う関係性を築くこの交流を応援しませんか。
    やじるし詳しくはこちら>>

乳がん患者が「元気に乳がんと闘う」ための環境づくりプロジェクト

治療にまつわるさまざまな悩みを相談できる場が求められています

  • f906060a36970fdd2287e9e7fd840f1b-300x226
  • 乳がん患者とその家族は、告知・治療を受ける過程で資金的にも精神的にも重い負担を強いられます。乳がんと闘うためには、より多くの情報を得たり、支え合う仲間がいる環境が必要とされています。情報交換や講座開催を通じ、患者をサポートする「リボンズハウス」の運営をどうぞご支援ください。
    やじるし詳しくはこちら>>

宮里大八国際交流基金

沖縄及び全国の学生を世界大会の視察へ

  • DSC_3138-300x199
  • 宮里大八国際交流基金は、enactusに参画する沖縄及び全国の学生を支援することで、世界的な視野を持ち、沖縄を支える人材を輩出するための基金。この基金の寄付金から、enactus世界大会の参加・視察等にかかる旅費を助成します。
    やじるし詳しくはこちら>>
矢印他の一覧を見る>>

■テーマ型基金

沖縄特有の、あるいは優先的に取組みが必要と思われる社会課題(テーマ)毎に設置する基金です。寄せられた寄付から、その課題の解決にあたろうとするNPOに対し助成を行っていきます。

■寄付と助成のプログラム

NPOの寄付募集活動の支援プログラムです。NPOは取り組んでいる社会的課題を自ら社会にPRし、事業に必要な寄付を募ります。みらいファンド沖縄は、税制優遇制度を活用し寄付募集活動を支援します。

地域の「困り事」を社会課題として共有する沖縄式地域円卓会議

困りごとから始める議論

no1 困りごとから始める議論

沖縄式地域円卓会議は、地域で起こっている「困り事」に立ち向かっている方々が、自ら第一声をあげることから始まります。多くのシンポジウムのように、成功事例の紹介から始めるのではなく、まずは統計等を元に事実に向き合い、参加者で共有することを大切にしています。具体的なテーマ決め、テーマの大きさを「食べられるサイズ」にすることが重要です。

地域社会の課題解決に向けた対話の場

no2 マルチステークホルダー・プロセス

沖縄式地域円卓会議は、地域の「困り事」を、単独あるいは2者間で協議するのではなく3者以上のステークホルダー(利害関係者)で、意見交換をしていきます。この場所で、様々な事実・視点・評価・事例が提供されるため、地域の「困り事」は研ぎ澄まされ、「社会課題」へと昇華していきます。ここでの着席者は、テーマに基づき決定します。同時にテーマに関心のある方は誰でも参加できるオープンな会議です。

会議の進め方

no3 会議の進め方

沖縄式地域円卓会議は、テーマと参加者を決めるプロセスを経た後、当日は司会者と記録者により会議は進みます。司会者は、対話を持って地域の社会課題を解きほぐし、参加者の意識を「他人事から自分事(じぶんごと)」に変えていきます。記録者は、会議で発露された情報を構造化し、その記録は、今後の課題 解決に向けてのアプローチの基礎となります。

会議を通した成果目標

No4 会議を通した成果目標

沖縄式地域円卓会議は、以下のように様々な目的を達成します。

border

1.行政事業の周知と住民参加意識の啓発
2.政策課題を明確にする政策マーケッティングのツール
3.NPO等公益団体の地域課題の共有と仲間作り
4.団体や事業者内の課題を外部に開き、社会と繋げる場

沖縄式地域円卓会議新着情報

round table image

2016.08.18

マチグヮーのトイレ問題を考える 地域円卓会議

 開催日時 

2016年8月31日(水)18:30〜21:00(受付:18:00〜)

 開催場所 

てんぶすホール(那覇市ぶんかテンブス館) 沖縄県那覇市牧志3丁目2番10号

■今回のテーマ トイレはまちの資産、まちぐゎーのトイレ最適化を考える ■着席者 ・粟国智光 氏(那覇市中心商店街連合会 副会長)論点提供者 ・矢野 弘子 氏(那覇市平和通り商店街振興組合 専務理事/あけみ商会 代表) ・ […

IMG_5293

2016.08.02

南城市のこれからを考える 地域円卓会議

 開催日時 

2016年8月7日(日)14:00〜16:30

 開催場所 

南城市役所大里庁舎3階市民ギャラリー (沖縄県南城市大里字仲間807)

■今回のテーマ 新市役所隣にできるアリーナ施設、市民参加で有効活用する方向性を探る 論点提供者:喜瀬 斗志也 氏(南城市役所観光商工課) 南城市では、現在中核地の整備に向けて様々な機能の検討が行われています。 その中で観 […

過去開催された沖縄式地域円卓会議 過去40件

entakushiminkaikan

矢印

那覇市民会館のこれからを考える地域円卓会議

テーマ:もうすぐ50歳の昭和遺産、 那覇市民会館の記憶を継承するために今確認したいこと

2016.07.21

矢印他の一覧を見る>>