公益財団法人 みらいファンド沖縄

現在募集中の基金メニュー

まちなか留学基金

世界各国に友達を!まちなか留学体験を様々な境遇の子どもたちに提供したい

まちなか留学基金

この基金に寄付をする

銀行振込
沖縄銀行 鳥堀支店 普通口座 1408838
郵便振替
01780-6-149204
【通信欄への必要事項】 まちなか留学HelloWorld基金

銀行振込、郵便振込については下記の申込みフォームよりお申込みください

       

●【毎月定額 または 自由な額を】銀行振込・郵便振込・現金書留で寄付をする

この基金への寄付総額

150,000

寄付募集目標額

1,000,000

       

●【毎月定額を】クレジットカードで寄付をする

       

●【金額を指定して】クレジットカードで寄付をする

“留学”のチャンスをみんなに! 地域でできる異文化体験で未来を拓く

留学したい!
広い世界に好奇心をもてば誰もが一度は考える体験。
国際交流体験や留学経験は、若い世代の視野を広げると共に生まれ育った地域や自分自身を深く考える機会になります。
しかし、海外留学ともなると、お金がかかります。
時代の流れとともに行きやすくなった海外。しかし、現代でも留学の機会は、恵まれた環境、十分な時間のある人、国費プログラム等に選抜される成績優秀者など一部の人がしか享受できていません。
私たちHelloWorldは「まちなか留学」を通じて「すべての子どもたちに留学を!」というミッションを掲げています。

まちなか留学とは?

日本には約200ヶ国、沖縄県には120ヶ国の外国人が住んでいます。
沖縄県内に住む外国人のお宅におじゃまして、そのホストファミリーの出身国の言葉や文化
を学んだり、一緒にゲームやスポーツを楽しんだり、私たち沖縄・日本の文化を伝えたり…
そんな異文化交流ができれば“留学”も同然!
国内で海外体験が叶い、世界中の人たちに出会えます。
これこそがHelloWorldの「まちなか留学」
世界各国に1人ずつHello!と言える友達がいて
その国のことを少しでも知っていること
そんなことが当たり前になったら世界ってもっとハッピーになると思うのです
週末や長期休みを利用して、まちなか留学してみませんか?

基金を設立する思い

普段は有料サービスとして提供しているHelloWorldの「まちなか留学」。
しかし、一定の費用がかかる以上、チャンスを望む子どもたち全てが体験するには難しい現状がありました。
そこで、有料サービスとは別で、幅広いみなさまから寄付を募った本基金の財源をもとに「まちなか留学」できる機会を子どもたちに届けたいという思いに至りました。
県内の教育委員会や学校などと連携して、所得などの問題でまちなか留学の機会が得られなかった子どもたちに、無償でまちなか留学を提供します。
「挑戦したい」とのぞむ子どもたちに環境を与えられるように。
未来を拓くきっかけとなる異文化体験の機会を広げていきましょう!

 

img

まちなか留学HelloWorldスタッフの想い

“常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことである“というアインシュタインの言葉があります。
社会人として歩み始める前の多感な時期に、広い世界を知る、考え方や文化を知る、言葉を知ることは大切な経験です。その一つの手段が留学。
留学は語学勉強だけではなく多文化を知り、受け入れ、自らが受け入れられる心の交流も学ぶことができます。
私自身、学生時代は英語が苦手でしたが、カナダ留学へ行って英語を好きになりました。
大人になった今では“言語は手段であり、言語、人種、文化の違いを超える体験がいかに大切か“を重要に思っています。
語学を超えた交流ができる留学は世界平和に繋がるのです!
一方で、留学は多額な費用がかかるため、まだまだ一部の人しか享受できない体験です。
まちなか留学は、地域の在住外国人との交流で異文化体験をするサービス。そして、このまちなか留学基金は、家庭の経済事情などで、なかなか留学が叶わない児童・学生に、無償でまちなか留学を体験してもらおうと設立したものです。
みなさんのご寄付が沖縄の未来に、未来を担う人材に繋がります。
簡単には手の届かない学びをすべての人に提供したい。この想いを一緒に実現しましょう!
HelloWorld 比嘉麻里萌

img

まちなか留学で世界の科学者と交流【参加者の声】

私は科学者になりたい夢があります。HelloWorldでは、ノーベル賞候補学者の多くいるOIST(沖縄科学技術大学院大学)の研究者の自宅へ3回まちなか留学をしました。
英語は得意ではありませんが、ホストファミリーにOISTの学内ツアーや科学実験もさせてもらいました。世界レベルの方々と自分の好きな科学の話をしてとても楽しかったし、科学者の日常を体験するという貴重な体験をできたことが嬉しかったです。
その後、東京大学異才発掘プロジェクトRocketや琉大ハカセ塾(ジュニアドクター育成塾)
にも選抜されました。まちなか留学を活用して、もっともっと科学の魅力に触れられたと思います。
これからも伝えたいことを世界に発信する為に英語学習を頑張っていきます。より多くの同世代に利用してもらいたいです。


国際交流体験や留学体験は、子どもたちの視野を広げると共に生まれ育った地域や自分自身を深く考える機会にもなります。しかし、留学にはお金がかかります。 現状の留学の機会は、恵まれた環境、十分な時間のある人、国費プログラム等に選抜される成績優秀者など一部の人がしか享受できていません。私たちはまちなか留学を通じて、「すべての子ども達に留学を!」という目標を実現させていきたいです。そこで通常の有料サービスとは別で、幅広いみなさまから寄付を募り、本基金の財源をもとに、県内の教育委員会や学校などと連携して、所得などの問題でまちなか留学の機会を受けられない子ども達を対象に、無償で、まちなか留学を提供します。


   

沖縄式地域円卓会議開催マニュアルの電子ブックレット販売(PDF)

沖縄式地域円卓会議は、社会課題を市民参加で解決したいと考えている方々の一助になりたいと考えて開発されたもの、沖縄県内で70回以上の開催が実現し、たくさんのお問い合わせを頂くようになりました。
電子ブックレットではエッセンスをまとめたマニュアルをお届けします。
地域円卓会議の準備段階にもウェイトを置き、[1.テーマ決めのプロセス][2.着席者を決めるプロセス][3.当日までの準備やコミュニケーション][4.当日の運営][5.報告書作成]の全過程をわかりやすく説明するテキストとなるように企画しました。

お申し込みフォーム