休眠預金活用事業

 

事業概要

事業趣旨

多様な参画で実現する支援される側の尊厳が守る新たな食支援事業は、公益財団法人みらいファンド沖縄が10年以上取引のない口座に眠る「休眠預金」を民間公益団体へ分配する資金分配団体に選定され実施するものです。行政の支援対象ではないグレーゾーン世帯の生活が補償され、プライバシーや尊厳が守られる仕組み作りを目指し、県内4箇所でのフードを中心としたパントリー型支援、4団体による緊急性の高い世帯を対象とした食支援(実態把握がセット)に共に取り組む実行団体を募集します。

「休眠預金活動事業」とは
休眠預金を活用した事業です

10年以上出入金等が確認できない休眠預金等について、預金者等に払い戻す努力を尽くした上で、民間公益活動を促進するために活用することとした「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律(平成28年法律第101号)」が、平成30年1月1日に全面施行されました。一般財団法人日本民間公益活動連携機構(以下「JANPIA」)が、同法に基づく指定活用団体として、資金分配団体を公募・選定し、資金分配団体が実行団体に対して助成を行います。

※JANPIAへのリンクはこちら→https://www.janpia.or.jp/

事業詳細
事業名 多様な参画で実現する支援される側の尊厳を守る新たな食支援事業
~グレーゾーンにもリーチし、被支援者から担い手にもなり得る有償型パントリー~
助成事業項目 新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠(JANPIAが定めた資金分配団体公募区分による)
事業実施地域 沖縄県全域
事業実施期間 2024年7月~2025年2月
募集実行団体 8団体 ①フードを中心としたパントリー型支援を行う団体:4団体
②緊急性の高い世帯を対象とした食支援(実態把握がセット)を行う団体:4団体
助成額 総額1.2億円程度 ①型:1実行団体1500~1800万円
②型:1実行団体500万円
対象 ①型
  • 現在パントリー支援を行っていて強化・改善したい団体
  • 食支援用の食料品の保管・輸送などを行っていてパントリー支援に取り組みたい団体
②型
  • 沖縄県内で1か月に4回以上の食支援を行っていて利用者へのヒアリングやアンケートに取り組みたい団体
募集要項

各種書類は以下からダウンロードできます。

公募要項はこちら


その他応募に必要なファイル


※申請書類の受付は締め切りました
公募説明会
(チラシデータはこちら)

■説明会開催日程(※後日動画視聴可能)
日時:2024年4月11日(木) 14:00 ~ 16:00 ※終了しました
場所:沖縄県総合福祉センター・4階402研修室(那覇市首里石嶺町4丁目373−1)


■申請書類書き方講座
日時:2024年4月18日(木) 14:00 ~ 17:00 ※終了しました
場所:なは市民活動支援センター・2階会議室1(那覇市銘苅2丁目3−1)


ご応募いただいた申請団体一覧

《①フードを中心としたパントリー型支援を行う団体》

●コンソーシアム:株式会社ハブクリエイト(所在地:沖縄県石垣市)/
一般社団法人UNIVA(所在地:沖縄県石垣市)

【八重山・地域で支える食支援SX事業】

  • フードボックス事業
  • 食支援事業
  • サブスク型支援システム運用
  • 登録システム運用
  • こどもみらい開発事業(こども向けITスキルアップ講習会)
  • アンケート調査・集計報告
●NPO法人フードバンクセカンドハーベスト沖縄(所在地:沖縄県豊見城市)

【みんなでつくる新しいフードパントリー事業】

  • 新規設置したフードパントリー事業の展開
  • 既存パントリーの継続と対象エリアの拡大
  • 他団体が行う新規パントリー事業への食品提供とノウハウの協力
  • 利用者との交流会
  • パントリー説明会の開催
  • 沖縄県立高校内居場所への食品提供
●浦添市ボランティア連絡協議会(所在地:沖縄県浦添市)

【ふれあいフードパントリー】

  • 子ども食堂・各子どもの居場所へのアンケート調査、一般市民からの相談窓口の設置
  • 企業・団体へのパントリー型支援事業の案内と協力依頼
  • フードパントリー運営委員会の開催、運営に関するルール、マニュアルの作成、その他、事業の最適化に関する事項を協議する
  • 情報共有・協議の場として地域毎の子ども会議(児童センター、学校、子ども食堂、民生委員・児童委員、行政、社協)の実施 等。
●一般社団法人 みつばちの家(所在地:沖縄県那覇市)

【食支援を通じて、声なき声を拾い上げていく伴走型支援事業】

  • 充実した配食活動
  • 宅配を伴う食支援
  • 相談窓口を設置
  • SOSカード・シート配布
  • 長期休暇に伴う臨時サポート
●株式会社琉球新報社(所在地:沖縄県那覇市)

【拠点パントリーを生かした居場所の連携強化】

  • 居場所の活動内容、利用者数・属性、食品の利用方法、食品提供によって実現できていること、食品の入手方法、運営予算(金額・補助金活用の有無等)、つながりのある居場所名、連携内容、現在の困りごと等の聞き取り調査を行う。対象は、県が把握する子どもの居場所 316 カ所(2023 年 10 月現在)のうち今春現在で食支援を希望すると表明した約 220 カ所。可能な限り訪問する。 等
●社会福祉法人 沖縄市社会福祉協議会(所在地:沖縄県沖縄市)

【沖縄市発の中部地区「食の支援」事業】

  • 各種ネットワークの構築及び会議の開催
  • 研修会の開催及び参加
  • 支援拠点整備及び関係機関との合意形成
  • 広報活動
  • 相談活動
  • 事務局体制の整備
●一般社団法人宮古島こそだてワクワク未来会議(所在地:沖縄県宮古島市)

【地域の協働による困難を抱える家庭等の自立に向けた食支援事業】

  • 1 コミュニティフリッジの開設及び運営
  • 2 利用者の関係機関への繋ぎ
  • 3 個別ニーズに対応した食支援
  • 4 協議体の設置準備
●2丁目食堂(所在地:沖縄県糸満市)

【家庭を支えこどもをまもる食支援事業】

  • 拠点型フードパントリー事業
  • 配達型フードパントリー事業
  • 利用アンケート調査事業
  • リクエスト受付調査事業

《②緊急性の高い世帯を対象とした食支援(実態把握がセット)を行う団体》

●一般社団法人ビクトリーチャーチ(所在地:沖縄県那覇市)

【支援される側の尊厳を守る食支援事業】

  • 子ども食堂利用世帯及び貧困世帯。及び、当団体の支部や協力グループが実施してきた支援世帯への食支援
  • 弁当及び食材支援をうけている世帯へのアンケート調査
  • 当団体及び支部、協力グループの子ども食堂が行うワークショップに食支援を受けている方々を招待
●一般社団法人みやび企画(所在地:沖縄県那覇市)

【まつしまこどもの居場所事業】

  • 週3回夕方に軽食やおやつ・お弁当の提供を行う
  • 参加者には不定期で、フードパントリーを行う
  • 学習支援では、基本的に宿題や課題に取り組み学習習慣を定着させる
  • イベントを行いながら、行事食などを提供する
●沖縄アレルギーゆいまーるの会(所在地:沖縄県糸満市)

【食物アレルギー患者及びその家族のQOL向上を目指す社会に向けた食の機会支援及び潜在者の実態把握事業】

  • アレルギー患者の選択・利用できる食体験の提供(1 泊 2 日野外キャンプ、ネイチャーみらい館)とヒアリング
  • こども食堂や災害支援団体との連携による食の提供、潜在者や課題など現状の実態把握調査(毎月1回×4か月)
  • 食物アレルギーの啓蒙活動としてホームページの充実
  • 事務局開所日(毎週月木金)にアレルギー対応食の配布。災害への啓発
  • アレルギー対応冊子 500 冊を事務局・連携団体、その関係先へ配布。ホームページに掲載し希望者へ配布
●呼吸子ども無料食堂(所在地:沖縄県中頭郡北谷町)

【子ども無料食堂 食事提供,配達 子ども居場所】

  • 食事提供 1回1食 50名 週3回 (月、水、金)
  • イベント開催 月1回 
  • イベント観戦、イベント参加
●一般社団法人まちづくりうらそえ(所在地:沖縄県浦添市)

【お腹も心も頭も満タン!森の子キッズカフェ】

  • 朝食支援:朝食がなく空腹で授業の集中力がなく、イライラ状態の朝食(おにぎりやパン)。時間的に可能な場合は、来館する児童と一緒に朝食作りを実施したい。
  • 弁当配布:世帯の負担軽減、保護者のゆとり確保に繋げ子どもとの時間確保に繋げていく。本来の目的は、バランスの取れた食事の確保。
  • 食事支援:週 2 日の夜間開放の時間帯に食事提供を行い、お腹も心も満たせる環境作りを実施する。
  • 昼食支援:長期休みの食事提供から、しっかりとした食の確保を行う。
  • 体験活動:放課後過ごす児童センターにて、畑作業の体験から、野菜を育て販売するキャリア教育を実施。
  • 児童センターの大イベントとして、地域を巻き込んだ祭りを行う。食に関する知識のコーナーや、地域の食べ物、地域の方が一緒になって取り組めるイベントを実施する。
  • 食事によって得られる影響や、保護者に知ってほしい内容の研修を実施。支援する側や地域の方、子ども達に関わる大人向けの学びを提供する。
  • 森の子カフェ:平日週 1 回のママと子どもたちが集う親子のティータイム
  • 地域のグレーゾーン家庭に向けた選択式の食材パントリー

問い合わせ先

〒903-0824 沖縄県那覇市首里池端34 2F首里スタジオ内
TEL 098-884-1123  FAX 098-884-1124
E-mail : protectdignity@miraifund.org

沖縄式地域円卓会議開催
マニュアルの販売

沖縄式地域円卓会議開催マニュアル

沖縄式地域円卓会議は、みらいファンド沖縄が市民による社会の前進に取り組む中で、課題の共有の手法として開発した沖縄発の会議プログラムです。沖縄県内で140回(2024年2月現在)以上の開催が実現し、たくさんのお問い合わせをいただくようになりました。
そのエッセンスをまとめたマニュアル(冊子)を作成しました。ご希望の方向けに販売、郵送にてお届けしています。

地域円卓会議の準備段階にもウェイトを置き、
[1.テーマ決めのプロセス]
[2.着席者を決めるプロセス]
[3.当日までの準備やコミュニケーション]
[4.当日の運営]
[5.報告書作成]
の全過程をわかりやすく説明するテキストとなるように企画しました。

沖縄式地域円卓会議開催
マニュアルを申し込む