ACTION

寄付する

ACTION

「ほうっておけない」に共感する仲間がいます。
みらいファンド沖縄は、2010年の設立以来、134件の基金を通じて、187,484,789円の寄付を集め、公益的な活動に巡らせてきました。

できたこと

基金を通じてサポートした活動においては、以下の4事例をはじめさまざまな成果が報告されています。

厳しい環境にいた11組の若年妊産婦と赤ちゃんをシェルターで受け入れ、産前産後の生活と卒業後の地域での暮らしをサポートしました。
母子シェルターに入居するお母さんが冷蔵庫と洗濯機を購入できました。
48人の子どもたちが無償で「まちなか留学」を体験できました。
1997年の白化現象で約9割が死滅した恩納村のサンゴ礁が約8割まで回復しました。

「ほうっておけない」ことがある方へ

みらいファンド沖縄は「社会を前に進めるためにできることをしたい」という気持ちを持った皆様に向けて、3つの方法をご用意しています。
基金に寄付をする
課題や活動に共感するプロジェクトに寄付という形で貢献できます。寄付の方法や対象は、以下からお選びいただけます。
金額
1000円〜寄付していただけます。
決済方法
銀行振込・郵便振替・現金書留・クレジットカードから選べます。
寄付先
3種類の基金から選べます。
寄付と助成のプログラム“たくす”
(事業指定型)
市民活動団体自らが提案したプロジェクトに対して寄付を募り、助成する基金です。
テーマ型基金
当財団の特定する社会課題に対して解決につながる研究や事業を募集し、助成する基金です。
じぶん基金
(ドナー・アドバイズド・ファンド)
寄付者自らが社会課題と考えるテーマに対して、寄付金の使い道を決めることができる基金です。
じぶん基金を創設する
個人のお名前を冠した基金を創設できます。

金額はいくらからでもOKで、使い道は、「こんな人たちのためにお金を使いたい」「こんな困りごとの解決に貢献したい」といった想いに沿う形で条件を決めることができます。

ご検討されたい方はお気軽にご相談ください。
じぶん基金
遺贈寄付をする
生前に意思表示をしておくことで、死後に遺産の一部、または全部をNPO法人や公益法人、学校法人などの民間非営利団体や国、地方公共団体に無償で譲渡することを遺贈と言います。

寄付をする財産は非課税財産となります。相続税の申告期限までの寄付が対象となります。
遺贈寄付
基金を立ち上げて寄付を募る/
助成プログラムに応募する
ご自身が主体者となって基金を立ち上げたり、助成プログラムを活用して資金調達をされたい方は、お気軽にご相談ください。分野ごとにプログラムオフィサーが対応いたします。
円卓会議を開催する
困りごとへの気づきを持つ方、身近な困りごとを社会課題として捉え直したい方は、論点提供者として円卓会議を開催できます。まずはお気軽にご相談ください。
円卓会議に参加する
社会を前に進める時にどんなテーマがあるかを知りたいという方には、円卓会議にご参加いただくか、アーカイブをご覧いただけます。

募集中の基金

Currently recruiting funds

寄付と助成のプログラム“たくす”(事業指定型)