公益財団法人 みらいファンド沖縄

沖縄子どもの未来県民会議 地域円卓会議

2019.10.29

 開催日時 

18:30-21:00

 開催場所 

おきでんふれあいホール

■テーマ
これからの子供の居場所は、どのような分野と連携するとより効果的な成果が出るのか?

■開催日時:2019年11月7日(木)18:30-21:00
■着席者数:7名(論点提供者、司会、記録者含む)
■来場者数:23 名(福祉・医療機関、企業、行政等)

■論点提供者
・大城 美樹雄 氏(名桜大学)

 沖縄県で実施した平成27年度「子どもの貧困実態調査」において、29.9%の子供が貧困状態に置かれていることが明らかとなりました。全国に比べて特に深刻な沖縄の子どもの貧困状態に緊急に対応するため、国・県・市町村が連携し、平成28年度から「沖縄子ども貧困緊急対策事業」による子どもの居場所の設置が進み、平成31年3月末時点で26市町村139箇所に設置されています。しかし、子どもの居場所を利用する子ども達は多様な問題を抱え、食事や生活支援だけでなく、非行や不登校、医療や居住地など総合的な支援が必要となっています。その対策として、常に様々な専門分野の方々と繋がっていることが望ましいと考えられます。この地域円卓会議では、子どもの居場所のこれまでの成果や課題を踏まえ、どのような連携があれば子ども達により良い支援を行えるのか、関係者や専門の方々、県民の皆さんと一緒に話し合います。

■着席者
・濱里 正史 氏(公益財団法人沖縄県労働者福祉基金協会 研究員)
・大城 喜江子 氏(一般社団法人まちづくりうらそえ 代表)
・呉屋 良信 氏(医療法人わらべの会 わんぱくクリニック 院長)
・大城 利公 氏(沖縄県社会福祉協議会 地域福祉部 主任)
■本円卓会議の詳細、ご参加いただいた皆さんからのご意見・アンケートの声などは、以下の実施報告書をご覧ください。PDFファイルをクリックしてダウンロードできます。

1256

■主 催 沖縄県、沖縄子どもの未来県民会議
■協 力 公益財団法人みらいファンド沖縄 NPO法人まちなか研究所わくわく

■お問合せ:NPO法人まちなか研究所わくわく(TEL. 098-861-1469)

e-mail:office@machiwaku.com