公益財団法人 みらいファンド沖縄

子どもの貧困と児童労働のつながりを考える地域円卓会議

2019.09.12

 開催日時 

18:00-20:40

 開催場所 

なは市民活動支援センター 会議室2,3

■テーマ
沖縄における児童労働の実態を確認し、貧困問題との関連性を議論する

■論点提供者
・岩附 由香 氏(認定NPO法人ACE 代表)

 世界の子ども10人に1人にあたる1億5200万人が児童労働に従事しており、持続可能な開発目標(SDGs)のターゲット8.7では「2025年までの児童労働撤廃」という目標が掲げられています。先進国にも200万人の児童労働者が存在し、日本でも年間300近くの事業場で子どもに関連した労働基準法違反が報告されています。また、ブラックバイトによる経済的搾取や学業への悪影響などの実態も明らかになってきています。貧困は児童労働の主要な要因であることから、子どもの貧困に取り組むうえで、子どもの就労という視点も必要であると考えます。この地域円卓会議では、まず日本における児童労働とは何かを国際条約や日本の法律から確認します。そして、沖縄県における事例を検証しながら、参加者のみなさまと子どもの貧困と児童労働の関連性を考え、問題解決のための糸口を見つける機会になればという論点で地域円卓会議を行いました。

■着席者
・打越 正行 氏(NPO法人 社会理論・動態研究所 研究員)
・新垣 梨沙 氏(琉球新報 編集局 NIE推進室)
・北城 博子 氏(名護商工高等学校 教諭)
・山野 良一 氏(沖縄大学 人文学部福祉文化学科 教授)

司会進行:平良 斗星(公益財団法人みらいファンド沖縄 副理事長)
記録者:宮道 喜一(NPO法人まちなか研究所わくわく事務局長)

 
■円卓会議に参加いただいた皆さんからのご意見やアンケートの声については以下の開催報告レポートをご覧ください。

1256
<開催報告レポート>クリックしてダウンロードいただけます。

 

 

■主 催 認定NPO法人ACE
■協 力 公益財団法人みらいファンド沖縄、NPO法人まちなか研究所わくわく

■お問合せ:NPO法人まちなか研究所わくわく(TEL. 098-861-1469 担当:賀数)