公益財団法人 みらいファンド沖縄

若者の定住と働き方を考える 地域円卓会議 in 南城市

2017.02.23

 開催日時 

10:00-12:30

 開催場所 

南城市役所大里庁舎 3階市民ギャラリー

■テーマ
チャンスを活かす地域人材づくり

■開催日時:2017年3月5日(日) 10:00-12:30
■着席者数:9名(論点提供者、司会、記録者含む)
■来場者数:20名(行政、企業、大学、NPO、市民等)

■<論点提供者>
・玉城勉(南城市役所 企画部 部長)

 南城市は合併11年を迎え、人口も合併時の40,759人から43,200人余に増えています。一時の人口停滞時期もあり、なお多くの課題が存在しますが、南城市では2040年の将来目標人口50,000人の実現に向け、「南城ちゃーGANJU CITY総合戦略」による地方創生に取り組むこととしています。那覇空港新滑走路や南部東道路の延伸と拠点施設の整備、MICEの受け皿など、南城市にとってのチャンスもあり、地方創生にこれらをどのように活かすか、その担い手となる人材が重要になってきます。
 今回の地域円卓会議では、大学との協働によりどのような取組みができるのか、関係者が共に解決に向けて取り組むため、地域課題を共有できるよう南城市の現状や計画等についてご紹介します。

■着席者
・平野 典男 氏(琉球大学 観光産業科学部 観光科学科 教授)
・新城 辰夫 氏(つきしろ自治会 会長)
・宮城 盛彦 氏(株式会社みやぎ農園 代表者)
・竹内 章祝 氏(南城市地域雇用創造協議会 統括事業推進員)
・天久 仁 氏(沖縄タイムス社 南部総局 編集部 部長)
・西銘 朝也 氏(琉球大学 理学部 1年次学生)

司会進行:平良 斗星(公益財団法人みらいファンド沖縄 副理事長)
記録者:宮道 喜一(NPO法人まちなか研究所わくわく 事務局長)

■会議の内容、ご参加いただいた皆さんからのご意見やアンケートの声については以下の報告書をご覧ください。

1256
 

■主  催 国立大学法人 琉球大学 地域連携推進機構、公立大学法人 名桜大学

■協  力 公益財団法人みらいファンド沖縄、NPO法人まちなか研究所わくわく

■お問合せ 国立大学法人 琉球大学 総合企画戦略部 地域連携推進課(TEL.098-895-8019)

   

沖縄式地域円卓会議開催マニュアルの電子ブックレット販売(PDF)

沖縄式地域円卓会議は、社会課題を市民参加で解決したいと考えている方々の一助になりたいと考えて開発されたもの、沖縄県内で70回以上の開催が実現し、たくさんのお問い合わせを頂くようになりました。
電子ブックレットではエッセンスをまとめたマニュアルをお届けします。
地域円卓会議の準備段階にもウェイトを置き、[1.テーマ決めのプロセス][2.着席者を決めるプロセス][3.当日までの準備やコミュニケーション][4.当日の運営][5.報告書作成]の全過程をわかりやすく説明するテキストとなるように企画しました。

お申し込みフォーム