公益財団法人 みらいファンド沖縄

沖縄子どもの未来県民会議 地域円卓会議 宮古島市開催

2017.11.22

 開催日時 

18:30-21:00

 開催場所 

宮古島市中央公民館 研修室(沖縄県宮古島市平良下里315)

■テーマ
「宮古島市の子どもの貧困に対して、地域(民間)・学校・居場所と連携して何ができるか」
■開催日時:2017年11月28日(火)18:30-21:00
■着席者数:9名(論点提供者、司会、記録者含む)
■来場者数:60名(行政、NPO、福祉機関、企業等)

■論点提供者
・川満 孝幸 氏(沖縄子どもの未来県民会議)
 沖縄県で実施した平成 27 年度「子どもの貧困実態調査」において、 29.9 %の子どもが貧困状態に置かれていることが明らかになったほか、平成 28 年3月には、子どもの貧困対策の基本方向を定める「沖縄県子どもの貧困対策計画」を策定しました。そうした中、県民の総力を結集し、沖縄の未来を創造する子どもたちが安心して暮らせるよう、同年6月に県内各界各層の 110 団体からなる「沖縄子どもの未来県民会議」を設立し、子どもの学びと育ちを社会全体で支え、地域の実情に即した対策に取り 組むこととしております。今回の円卓会議では、宮古島市における子どもの貧困問題に対して、一つひとつ事実を確認しながら課題を共有し、子どもの貧困に、宮古島市の地域、学校、居場所づくりを行う団体が連携して何ができるのかを議論します。県民のみなさんや関係者、専門家の方々と一緒に、考えていきます。

■着席者
・下地克浩 氏(宮古島市役所福祉部次長兼福祉政策課課長)
・与那覇周作 氏(宮古島市教育委員会 教育部 学校教育課 指導主事)
・宮里敏男 氏(やまと商事株式会社代表取締役)
・来間優美子 氏(下地児童館館長)
・新山広明 氏(セレブラム教育システム株式会社代表取締役)
・山内優子 氏(沖縄子どもの貧困解消ネットワーク共同代表)

■この円卓会議の詳細、ご参加いただいた皆さんからのご意見・アンケートの声などは、以下の実施報告書をご覧ください。PDFファイルをクリックしてダウンロードできます。

1256

■主 催 沖縄県、沖縄子どもの未来県民会議
■共 催 宮古島市
■協 力 公益財団法人みらいファンド沖縄 NPO法人まちなか研究所わくわく

■お問合せ NPO法人まちなか研究所わくわく(TEL. 098-861-1469)