公益財団法人 みらいファンド沖縄

広域連携捜索模擬訓練と地域円卓会議開催

2019.02.18

 開催日時 

13:00-18:00

 開催場所 

宜野湾市民図書館 カルチャーホール

■テーマ
認知症でも安心して暮らせるまちの実現に向けて民間の力を活用したまちづくりを考える

■開催日時:2019年1月26日(土)13:00-18:00
■着席者数:8名(論点提供者、司会、記録者含む)
■来場者数:49名(地域住民、行政、企業等)

■論点提供者
・志良堂 孝 氏(宜野湾市介護長寿課 長寿支援係 係長)

 今や県内における認知症を患う方々は県民の28人に一人と言われています。認知症に起因する道迷い(徘徊)に対して、地域はどのように対応し、安心できるまちづくりを実現すべきなのでしょうか?今回は、宜野湾市と西原町で実証実験される、自動販売機を活用した捜索模擬訓練を通して、認知症を取り巻く地域の現状を理解し、課題解決に向かう地域の参画アクションを考える円卓会議を行います。

■着席者
・涌波 淳子 氏(特定医療法人アガペ会 運営本部長・理事長)
・渡久山 和之 氏(沖縄県 高齢者福祉介護課 班長)
・熊本 浩平 氏(西原町役場 福祉部 健康支援課 介護支援係 主任保健師)
・直塚 浩二 氏(NTTドコモ 九州支社 法人営業部 担当部長)
・沼尻 和樹 氏(琉球朝日放送 アナウンサー)

■この円卓会議の詳細やご参加いただいた皆さんからのご意見・アンケートの声などは、以下の実施報告書をご覧ください。PDFファイルをクリックしてダウンロードできます。

1256

■主 催 沖縄県高齢者福祉介護課
■協 力 宜野湾市、西原町、公益財団法人みらいファンド沖縄
     NTTドコモ九州、合同会社トキニライド、NPO法人まちなか研究所わくわく

■お問合せ NPO法人まちなか研究所わくわく(TEL. 098-861-1469)

   

沖縄式地域円卓会議開催マニュアルの電子ブックレット販売(PDF)

沖縄式地域円卓会議は、社会課題を市民参加で解決したいと考えている方々の一助になりたいと考えて開発されたもの、沖縄県内で70回以上の開催が実現し、たくさんのお問い合わせを頂くようになりました。
電子ブックレットではエッセンスをまとめたマニュアルをお届けします。
地域円卓会議の準備段階にもウェイトを置き、[1.テーマ決めのプロセス][2.着席者を決めるプロセス][3.当日までの準備やコミュニケーション][4.当日の運営][5.報告書作成]の全過程をわかりやすく説明するテキストとなるように企画しました。

お申し込みフォーム