公益財団法人 みらいファンド沖縄

寄付と助成のプログラム第3期「ぱくと」採択事業を紹介します。


 みらいファンド沖縄では、NPOが事業を実施するための寄付募集活動を支援するプログラム「ぱくと」をスタートいたしました。
  
 7月6日に募集を〆切り、申請団体へのヒアリングを経て、8月14日に選考会を開催。厳正なる選考により、以下の団体からの提案事業を採択いたしました。採択事業は、「公益性・信頼性の高い事業」として、みらいファンド沖縄では1年間、寄付募集活動を支援してまいります。
 みらいファンド沖縄が設置する各事業専用の口座への寄付は、プログラム運営費を差し引いた後、助成として採択事業を実施する団体へ交付されます。
    
 みなさまからの寄付で、沖縄の地域社会の課題を解決する事業が展開されます。どうぞ、ご寄付・ご支援をくださいますよう、お願い申し上げます。
  

【採択事業】
各事業の詳細、寄付の方法は、各事業名をクリックしてください。
「乳がん患者が元気に闘うための環境づくり事業」
助成先:NPO乳がん患者の会ぴんく・ぱんさぁ
   
「こどもの島沖縄東北交流体験プロジェクト」
助成先:NPOこどもの島プロジェクト
   
「子どもを暴力から守るための「CAPプログラム」開催事業」
助成先:特定非営利活動法人おきなわCAPセンター

みらいファンド沖縄を通じ上記の事業へ寄付をすると
寄付金の税制優遇(寄付金控除/損金算入)が受けられます

詳しくは >>>こちら
   


  
【選考会について】
申請のあった3事業につきまして、当財団の「助成等選考委員会設置規程」に基づき、下記の委員により選考会を開催したところ、3事業(条件付き1事業)を採択いたしました。

選考会メンバー:
岩田 直子 委員(沖縄国際大学 総合文化学部人間福祉学科 教授)
大城  逸子 委員(大城税理士事務所 所長)
荻江  大輔 委員(コミュニティ・ユース・バンクmomo監事)
平良 斗星 委員(地域情報エージェント株式会社 代表取締役)
宮道  喜一 委員((特活)まちなか研究所わくわく 副理事長)

【寄付と助成のプログラム ぱくと】詳細は >>>こちら
いただいた寄付は、プログラム運営(寄付募集活動支援)費(15%)を差し引いた後、採択事業を実施する団体へ助成金として交付されます。