公益財団法人 みらいファンド沖縄

【NPOヒトワク】2012年5月出演団体(5/25更新)

NPOヒトワク 2012年5月もひきつづき
公益財団みらいファンド沖縄が
県内NPOの寄付募集活動を支援する
寄付と助成のプログラム(第2期)「たくす」
で採択された事業を行う団体をご紹介いたします。

採択された事業は、2012年3月1日から2013年2月28日までの間、みらいファンド沖縄が寄付募集活動を支援し、寄付を受付けております。
 >>>詳細はこちら

※5/25に更新しました。

+———————————-【番組情報】———————————-+
 番組名: NPOヒトワク
 日時: 毎週金曜日 13:00~13:15
 放送局: タイフーンfm(エフエム那覇) 周波数 78.0MHz
 再放送、Podcastでの配信もあります。どうぞお聞きください。
+———————————————————————————–+
5月の放送日:11日(金)、18日(金)、25日(金)

※調整中の部分は随時更新いたします。
出演団体や出演日が変更される場合もありますがご容赦ください。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■2012年5月25日(金)放送済み
●出演団体:特定非営利活動法人どうぶつたちの病院沖縄
●出演者:金城道男さん
●NPOデータベース情報:https://miraifund.org/npo.php?id=126
●基金受付情報:https://miraifund.org/?post_type=kikin&p=4179

 特定非営利活動法人どうぶつたちの病院沖縄は、ヤンバルクイナをはじめとする希少野生動物が、交通事故等で怪我をした場合に救護する活動をしています。また、交通事故だけでなく、飼い猫や人間が捨てたペットに襲われて傷ついた例もあるそうです。そのような救護件数は年間250件にものぼります。
 2011年のヤンバルクイナの交通事故件数は、37件と過去最悪だそうです。今年はすでに25件以上の交通事故が発生したとの報告があり、例年に比べ速いペースとなっているのが残念だと金城さんは言います。事故にあい、傷を負った動物が自然に帰ることができるのは奇跡!というほど、リハビリには長い時間がかかるそうです。
 どうぶつたちの病院沖縄では、今後も野生動物の救護活動を続けていくため、救護や治療に必要な薬品などの購入や、施設の維持費用のほか、事故にあう動物を減らすための啓発活動の資金を寄付で受け付けています。

bg

120525NPOヒトワク_特定非営利活動法人どうぶつたちの病院沖縄「ヤンバルクイナ等の沖縄の希少動物救護活動」/金城道男
2012年5月25日 更新
ダウンロード
タイフーンfm



  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■2012年5月18日(金)放送済み
●出演団体:琉球フィルハーモニー管弦楽団
●出演者:上原正弘さん
●NPOデータベース情報:https://miraifund.org/npo.php?id=345
●基金受付情報:https://miraifund.org/?post_type=kikin&p=4181

 琉球フィルハーモニー管弦楽団は、2009年に設立し、現在45名のメンバーで活動するプロオーケストラ集団です。琉球フィルの代表、上原正弘さんは、12年間仙台フィルに所属し活動していたホルン奏者です。奥様の玲子さんは、宮城県出身、在沖宮城県人会【沖縄萩の会】の副会長であり、琉球フィルの副代表でもあるピアノ奏者。お二人は、震災後の仙台フィルの窮状を聞き、今回仙台フィル支援チャリティコンサートを企画しました。仙台フィルより集まった有志9人と、琉球フィル有志が、仙台フィルを応援するために素晴らしい音色を奏でます。「県内外のあらゆる方々の協力がありました。沖縄県、宮城県のみなさんが創り上げる5/20(日)のコンサートをぜひ成功させたい!」と、代表の上原さんは語ります。
 みらいファンド沖縄では、寄付と助成のプログラム たくすの採択事業として、「音楽交流による宮城県震災復興支援事業」を応援します。支援コンサートのチケット収益は、仙台フィルに寄付されます。少しでも収益を増やすため、コンサート開催にかかる費用への寄付を募っています。コンサートにいけなくても、寄付というかたちで仙台フィルを応援することができます。本コンサート意向も、2月末日まで寄付を受付けていますので、ご協力をお願いします。

bg

120518NPOヒトワク_琉球フィルハーモニー管弦楽団/上原正弘
2012年5月18日 更新
ダウンロード
タイフーンfm



  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   

沖縄式地域円卓会議開催マニュアルの電子ブックレット販売(PDF)

沖縄式地域円卓会議は、社会課題を市民参加で解決したいと考えている方々の一助になりたいと考えて開発されたもの、沖縄県内で70回以上の開催が実現し、たくさんのお問い合わせを頂くようになりました。
電子ブックレットではエッセンスをまとめたマニュアルをお届けします。
地域円卓会議の準備段階にもウェイトを置き、[1.テーマ決めのプロセス][2.着席者を決めるプロセス][3.当日までの準備やコミュニケーション][4.当日の運営][5.報告書作成]の全過程をわかりやすく説明するテキストとなるように企画しました。

お申し込みフォーム