公益財団法人 みらいファンド沖縄

【CSRヒトワク】第15回放送終了

CSRヒトワク、今回のゲストは公益財団法人 京都地域創造基金の事務局長 戸田幸典(とだゆきのり)様です。京都地域創造基金は2009年に一般財団法人として設立し、同年8月に公益認定を受け、京都府第1号の公益財団法人としてスタートされた法人です。設立の目的や現在行っている事業について、そして今までの社会の反応や成果などをお話ししていただきました。

本日聞き逃してしまった方も下のポッドキャストでお聞きになれます。



■再放送:放送当日22:00~、毎週土曜日11:00~(次回まで今回の放送を流します)

京都地域創造基金は「市民活動を支えるのは市民社会」という理念の実現に向けて、資金の流れに関する多種多様な取り組みを実施しています。
基金事業は「冠助成・冠褒賞」、「事業指定助成」、「テーマ等提案型プログラム」に大きく分かれていて、「事業指定助成」においては、現在28事業が採択されているそうです。私もウェブサイトを見てみましたが、実に様々な事業があって、各事業ごとの寄付金総額がリアルタイムでわかります。事業が採択された団体は、書類だけでなくヒアリング調査も行い、調整と審議を重ねて選ばれた団体なので、信頼性が高いといえます。もし、掲載されている事業の目的や活動に共感し、ぜひ協力したいと思ったらいろんな方法で寄付ができるのです。素晴らしいシステムですよね。また公益財団法人なので、寄付金控除(税制優遇)が受けられるという、寄付者には嬉しいメリットもあります。

+———————————————–+

この日、沖縄入りした戸田様。
疲れを全く見せず、喜んで番組に出演して
いただきました。

+———————————————–+
(公益財団法人 京都地域創造基金
 事務局長 戸田幸典様)



みらいファンド沖縄のスタッフとしてとても興味深く、勉強させられる内容でした。
今までの“寄付”といえば、一度お金を渡してしまうと、それがどのように使われるのか、本当にそのお金が目的のために使われたのかが見えない不安があると思います。でも、資金循環の基盤づくりを行い、それを『見える化』したということに、深い感銘を覚えました。



戸田様には先週末の2月19日(土)に行われた「地域社会のみらいを考える円卓会議2011」で事例提供をして頂きました。円卓会議の様子、また京都地域創造基金についてもっと知りたい!という方は、ぜひ下のアドレスにアクセスしてみてください。
【関連情報】
■公益財団法人京都地域創造基金 
http://www.plus-social.com/

■地域社会のみらいを考える円卓会議2011」のご報告
https://miraifund.org/?p=1376

(タマシロ)