公益財団法人 みらいファンド沖縄

【CSRヒトワク】第11回放送終了

CSRヒトワク、今年最後の放送が12月23日に終了しました。今回は損害保険ジャパン株式会社から関正雄様をゲストにお迎えして、企業のCSR活動をどのように地域貢献へとつなげていくかについてお話ししていただきました。

本日聞き逃してしまった方も下のポッドキャストでお聞きになれます。

bg

101223 CSRヒトワク関正雄/株式会社損害保険ジャパン理事 CSR統括部長
2010年12月23日 更新
ダウンロード
タイフーンfm

■再放送:放送当日22:00~、毎週土曜日11:00~(次回まで今回の放送を流します)

関様には12月4日(土)に行われたCSRフォーラムの基調講演で講師を務めていただきました。今回はそのご縁で15分間という短い時間ながら、CSRフォーラムにご来場いただけなかった方向けに、企業のCSR活動を地域貢献へとつなげていくにはどのようにすれば良いかについてお話しいただきました。

CSRに興味をお持ちの方は既にご存知かもしれませんが、世界初のSR(社会的責任)の国際標準規格「ISO26000」が発行されました。関氏はこの規格策定に産業界代表として関わっておられました。このISO26000は企業だけではなく組織全般を対象としています。CSRを行いたいけれど、何から手をつけていけばいいのかわからない、という方はまずこのISO26000をガイダンスとして活用してみるという選択肢があります。

そして今回は特にCSRと地域貢献ということでお話ししていただいたのですが、CSRの中身や質、手法は段々と進化してきているそうです。関氏がおっしゃるには、CSRとして地域貢献を行う上で大切なことは社員を巻き込むということ。CSR=ESR(Employee Social Responsibility)で、責任を負うのは企業でも、それを果たすのは社員だというお言葉が印象的でした。

+—————————————————–+
短期で終わらせるのでなく長期的な視点で
「木を植える人を育てる」
という意識を持つ
+—————————————————–+
(損害保険ジャパン株式会社 関正雄様)

放送ではこちらに書ききれないことをたくさん語っていただいているので、お聞き逃しになった方も是非再放送またはポッドキャストでお聞きください!

■損害保険ジャパン株式会社
http://www.sompo-japan.co.jp/

次回、2011年最初の放送は1月13日(木)です。次回のゲストは兵庫県のNPO法人ソーシャル・デザイン・ファンドより金森様をお招きし、NPOの資金調達と中間支援組織の役割についてお話ししていただきます。

□(特活)ソーシャル・デザイン・ファンド http://www.voluntary.jp/sdf/


クリスマスも終わり、今年もあとわずかとなってしまいましたが、どうぞ皆様最後まで健康にお気をつけて新年をお迎えください。それでは、来年もCSRヒトワクをよろしくお願いします!

【関連情報】
■関正雄氏プロフィール https://miraifund.org/?p=827
■関正雄氏 ISO26000コラム http://eco.nikkeibp.co.jp/article/column/20101005/104924/
■CSRフォーラムのご報告 https://miraifund.org/?p=1126

(宮里)