公益財団法人 みらいファンド沖縄

【報告】第4回まちのたね通信フォトレポーターサミット開催(3/28)

2012年3月28日(水)、第4回「まちのたね通信」フォトレポーターサミットが行われました。
当日は31名の参加があり、会場は第2回のサミットと同様、漢謝園にて開催。フォトレポーターの方々の楽しい交流の場となりました。



□■第4回「まちのたね通信」フォトレポーターサミット■□
日 時:2012年3月28日(金)19:30~21:30(開場19:00)
会 場:漢謝園 安里店(那覇市安里1-7-1)
対 象:まちのたね通信フォトレポ―ター
参加費:1,000円
参加人数:一般31名
主 催:公益財団法人みらいファンド沖縄、那覇市
協 力:まちのたね通信編集局


 今回で4回目となったフォトレポーターサミット。これまでで一番お子様が参加されたサミットとなりました。お子さんを連れた夫婦そろっての参加、また、お子様を連れた“ママフォトレポーター”が多く、始終にぎやかな会となりました。

 
 今回は、まちのたね通信(以下まちたね)の発案者でもあり運営会社 地域情報エージェント株式会社 代表取締役社長とフォトレポーターさんの『朝まで生まちたね』と題した座談会が2部構成で行われました。

【第一部】激論!まちたね流 プロ野球珍プレー!
 第一部では、まちたねフォトレポーターさんの、プロ野球キャンプにまつわるフォトレポートをいくつか紹介。キャンプの取材レポートのほか、主に市民目線のほのぼのとしたレポートが会場に映し出され、会場は大いに沸きました。

 実はこのキャンプレポート、まちたねの“市民メディア力”が注目・採用された、無償ボランティアではないお仕事(有償)の一環。まちたねとしては、フォトレポーターの身元はしっかりしているため、信頼のある人を送りこめる。また、フォトレポーターとしては、一市民でもなかなか入ることのできない場所(キャンプ)に入り、取材するという貴重な体験ができる、という両者に有益な企画だったというコメントがありました。

【第二部】激論!まちたねが考える市民メディアとは!
 第二部では、[沖縄戦記録フィルム1フィート運動の会]や[沖縄シニアの会]など、県内NPOのフォトレポートの例を紹介し、どのようにまちたねを使っているか、またフォトレポートを通して何を伝えたいかなどの意見が交わされました。また、東北での例を挙げ、“メディアは特定な情報しか流さないのに対し、事実を住民目線で伝えられるのはフォトレポ―ターである”というコメントがありました。



「ウェブで情報発信をすることは、コメントがすぐにかえってくるので、反応が速くて面白い。」
・・・mioonさん(右)

「市民団体として(まちのたね通信に)情報発信することは、新聞では届かないような若い層へのアピールとして活用できる。」
・・・秘密探偵さん(中央)

「わりと小さなストーリーを積み上げることは難しい。しかし、このような(フォトレポート)情報が流通しないとNPOのやっていることは伝わりにくい。市民がフォトレポートをあげることで、その“まちのストーリー”がつくられていく。これが『まちのたね通信』のカタチ。沖縄で始まったことが、現在は県外へ波及し、愛知県、仙台、岩手、千葉でも期待されている。」
・・・平良(左)

 約45分にわたる座談会での発言を、ビジュアル的にわかりやすくまとめてくださったのは、特定非営利活動法人まちなか研究所わくわくの宮道喜一さん。「宮道さんがまとめてくれた模造紙を見ると、自分の頭がよくなった気がする」と着席者の発言がありましたが、まさにその通り。プロッキーを何色も使い分け、わかりやすく要点をまとめた1枚となりました。
 宮道さん、ありがとうございました。



●●● 着席者 ●●●
・秘密探偵さん(フォトレポーター)
・mioonさん(フォトレポーター)
・平良斗星(地域情報エージェント株式会社代表)
●●● 司会進行 ●●●
深谷慎平(まちのたね通信編集室)
●●● ファシリテーション ●●●
宮道喜一さん(特定非営利活動法人まちなか研究所わくわく)

 懇親会では、美味しいお食事はもちろん、フォトレポーターさんの交流も楽しまれている様子がうかがえました。普段は接点のないような個人もしくはコミュニティが、フォトレポーターサミットを通して交流を深められたことは大きな成果です。今回は、県内のNPOだけでなく、静岡県のNPOからもサミットの参加があり、まちたねに高い関心をもっていらっしゃいました。
 はるばる、静岡よりお越しくださいまして、ありがとうございました!




 会場にいらっしゃったフォトレポーターのみなさま、ありがとうございました。スタッフ・関係者のみなさま、長時間おつかれさまでした。また、会場と美味しいお食事を提供していただいた漢謝園さん、第2回サミットに引き続き、遅い時間までありがとうございました。
 今回は残念ながら参加できなかったみなさま。今後も引き続き、市民目線のフォトレポート期待しております。皆様からのフォトレポートが「まちのたね通信」・「みらいのたね通信」を育てます。
これからもNPOの情報発信の活性化とサイトの充実のためにご協力ください。

   

沖縄式地域円卓会議開催マニュアルの電子ブックレット販売(PDF)

沖縄式地域円卓会議は、社会課題を市民参加で解決したいと考えている方々の一助になりたいと考えて開発されたもの、沖縄県内で70回以上の開催が実現し、たくさんのお問い合わせを頂くようになりました。
電子ブックレットではエッセンスをまとめたマニュアルをお届けします。
地域円卓会議の準備段階にもウェイトを置き、[1.テーマ決めのプロセス][2.着席者を決めるプロセス][3.当日までの準備やコミュニケーション][4.当日の運営][5.報告書作成]の全過程をわかりやすく説明するテキストとなるように企画しました。

お申し込みフォーム