公益財団法人 みらいファンド沖縄

【報告】やんばる木育円卓会議(2)を開催しました



 12月19日に「やんばる木育円卓会議」の2回目を開催しました。場所は、前回と同じなのですが、11月2日に「やんばる森のおもちゃ美術館」としてリニューアルオープンした後なので、たくさんの木のおもちゃも設置されています。円卓会議が始まるのを、来場された方はおもちゃに触れながら待っていました。
     
 ●「やんばる森のおもちゃ美術館」11/2オープン
   >>>[ 琉球新報での紹介記事pdf ]
   >>>[ 沖縄タイムスでの紹介記事pdf ]

     
 さて今回のテーマは、前回のテーマを踏まえ「国頭村から発信する「木育」をどこに届けていくか?」としてスタート。予想していた以上に、村内関係者間で連携していこうという流れが生まれた円卓会議となりました。

    

     
 最初にお話を伺ったのは、国頭村森林組合で取り組む「木育」事業関連を担当する渡口さんです。「やんばる森のおもちゃ美術館」がオープンしてから1ヵ月半の来館者のようすを伺ったところ、土日は200名を越える来館者があった日もあり滑り出しはまずまずだが、返って安全面での工夫の必要を感じたとのこと。これに加え、積み木5000個を車に積んで県内各地で実施している「木育ひろば」の活動についても紹介いただきました。
  
 次に情報提供として、東京おもちゃ美術館 館長 多田さんから、全国10市区町村で取り組まれている「ウッドスタート」や、クラウドファンディングを使っての支援調達の体験、そして「木育」の広がりの可能性を示す数々の事例を紹介いただきました。
   

    
 その後のセンターメンバーからの発言では、村内の道の駅や宿泊体験施設などと連携し、点をつないで面で迎える今後の観光受け入れへの可能性が示唆されるなど、前向きな意見が多く出ました。また、児童クラブの方からは、子どもたちの喜びようについて報告があった後、実際に子どもたちを連れて来館したときに感じた、段差の角など危険につながりそうな箇所について、早くも改善がされていたことも報告いただきました。村役場の方からは、名護市のある敬老会が遠足で来館したときのようすが紹介され、子どもたちだけでなく、お年寄りもターゲットになるということに気付いたとの発言もありました。
     
 そして会場全体でのディスカッションでは、前半で出た、村内の他施設との連携可能性の話題を踏まえ、国頭村全体としてどういった魅力・楽しみ方を提案していけばいいか、というアイデアを来場者全員で考えてもらいました。
   
 このディスカッションで出た意見を踏まえ、後半は、どう来館者を呼ぶか、またそのために必要な資源をどう確保するか、という話になりました。国頭村民にはぜひこの館を使ってもらいたいので、館の運営を手伝っていただく代わりに、普段の入館料を安くするという、いわゆるボランティア=時間の寄付という手法の導入の提案があったり、あるいは木の製品の売上の一部を館の管理運営維持費に充てて、産業と森林資源活用と館運営の循環を生む、いわゆる「寄付付き商品」への言及もありました。
  
   

    

   

   
 2回目ということで、前回も着席したセンターメンバーは円卓会議の進め方にも慣れたようす。館が実際にオープンしたことを受けて思いついたアイデアや、今後の展開のためにお互いの立場から確認しておきたいことなど、発言のひとつひとつに、この場を活用しようという雰囲気を感じました。円卓会議という手法での支援冥利に尽きます。
    
 今回の円卓会議の最後に、次は那覇で開催しよう、ということに合意をいただきました。この連続シリーズの締めとなる3回目は、2月中旬に那覇で開催します。この半年、国頭村で森林に関わる人たちの話をたくさん聞いてきました。これをぜひ、もっとたくさんの方に聞いてもらいたいとずっと思っていました。3回目の円卓会議での、「やんばる森のおもちゃ美術館」に至る、国頭の人と森の関わりと、沖縄の森林をどう守り活用していくかの議論に、多くの方にご参加いただければと思います。(詳細が決まりましたら、告知してまいります)
    


ー●●●ーーーーーーーーーーーーーーー
やんばる木育円卓会議(2)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   
ーー● 今回のテーマ ●ーー
国頭村から発信する「木育」をどこに届けていくか?
ーーーーーーーーーーーーーー

●開催日時 2013年12月19日(木)18:30〜21:00
       
●会場  やんばる森のおもちゃ美術館
   (国頭村森林公園 旧 交流センター)
    
●主催  国頭村森林資源活用促進協議会
     (国頭村、国頭村森林組合)
●協力  NPO法人まちなか研究所わくわく
●運営協力 公益財団法人みらいファンド沖縄

●着席出席者(順不同)
・渡口 直樹 氏(国頭村森林組合
   「森林業」プロジェクト、木材活用「木育」事業担当)
・平良 勇 氏(国頭村観光物産株式会社 支配人)
  →(後半)田場 聡 氏(国頭村観光物産株式会社)
・山川 安雄 氏(NPO法人国頭ツーリズム協会 代表理事)
・浦崎 典子 氏(くにがみ児童クラブ 主任)
・いのうえ ちず 氏(雑誌『モモト』副編集長)
・大城 靖(国頭村役場 経済課課長補佐)
・多田 千尋 氏(東京おもちゃ美術館 館長)

ファシリテーション:宮道 喜一(NPO法人まちなか研究所わくわく 副代表理事)
司会進行:平良 斗星(公益財団法人みらいファンド沖縄 副代表理事)

<地域円卓会議>
これまでの開催・支援のまとめは >>>コチラ!
  
『沖縄式 地域円卓会議 開催マニュアル』できました!
詳しくは >>>コチラ!