公益財団法人 みらいファンド沖縄

【たくす】寄付と助成のプログラム第4期 たくす 採択事業

 みらいファンド沖縄では、NPOが事業を実施するための寄付募集活動を支援するプログラム 第4期「たくす」を2013年3月1日よりスタートいたしました(寄付募集活動支援は2014年2月末まで)。
  
 2012年12月25日に募集を締め切り、申請団体へのヒアリングを経て、2013年2月4日に選考会を開催。厳正なる選考により、以下の団体からの提案事業を採択いたしました。採択事業は、「公益性・信頼性の高い事業」として、みらいファンド沖縄では1年間、寄付募集活動を支援してまいります。
 みらいファンド沖縄が設置する各事業専用の口座への寄付は、プログラム運営費を差し引いた後、助成として採択事業を実施する団体へ交付されます。
    
 みなさまからの寄付で、沖縄の地域社会の課題を解決する事業が展開されます。どうぞ、ご寄付・ご支援をくださいますよう、お願い申し上げます。
  

【採択事業】
各事業の詳細、寄付の方法は、各事業名をクリックしてください。

遠隔地病児のきょうだい預かり保育事業 (継続事業)  
助成先: 特定非営利活動法人こども医療支援わらびの会

依存症からのリカバリングスタッフ育成事業 (継続事業)
助成先: 沖縄ダルクリハビリテーションセンター

へき地校を巡るプロオーケストラコンサート事業 (新規事業)
助成先: 一般社団法人琉球フィルハーモニー管弦楽団

沖縄の学生がつくる人権劇開催プロジェクト (新規事業)
助成先: 特定非営利活動法人HIV人権ネットワーク沖縄

みらいファンド沖縄を通じ上記の事業へ寄付をすると
寄付金の税制優遇(寄付金控除/損金算入)が受けられます

詳しくは >>>こちら
   


  
【選考会について】
申請のあった5事業につきまして、当財団の「助成等選考委員会設置規程」に基づき、下記の委員により選考会を開催したところ、4事業を採択いたしました。

選考会メンバー:
-稲垣 暁 委員(沖縄大学 地域研究所特別研究員)
-島田 聡子 委員(那覇市市民文化部 参事監)
-知花 茂(沖縄県労働金庫 総務部 次席調査役)
-横山 芳春 委員(豊見城市座安小学校 校長)

  
【寄付と助成のプログラム(たくす)】詳細は >>>こちら
いただいた寄付は、プログラム運営(寄付募集活動支援)費(15%)を差し引いた後、採択事業を実施する団体へ助成金として交付されます。
   
   

   

沖縄式地域円卓会議開催マニュアルの電子ブックレット販売(PDF)

沖縄式地域円卓会議は、社会課題を市民参加で解決したいと考えている方々の一助になりたいと考えて開発されたもの、沖縄県内で70回以上の開催が実現し、たくさんのお問い合わせを頂くようになりました。
電子ブックレットではエッセンスをまとめたマニュアルをお届けします。
地域円卓会議の準備段階にもウェイトを置き、[1.テーマ決めのプロセス][2.着席者を決めるプロセス][3.当日までの準備やコミュニケーション][4.当日の運営][5.報告書作成]の全過程をわかりやすく説明するテキストとなるように企画しました。

お申し込みフォーム