公益財団法人 みらいファンド沖縄

(終了)6/12「なは円卓会議 with 那覇YEG」を開催します

***   このイベントは、終了いたしました   ***
***   ご来場、ありがとうございました   ***


  


 
なは円卓会議 with 那覇YEG


  
「なは円卓会議」は、地域社会において多様な主体が連携することをめざし、テーマ(課題)を共有し、アイデアとネットワークを持ち寄る対話の場です。企業・行政・学識・NPO・メディア等、多様なメンバーが一同に会し、提示された課題の解決をめざして議論します。
   
開催には、過去2回の「地域社会のみらいを考える円卓会議」の出席者と、この円卓会議で課題解決の糸口を見つけたい人とが、協働で取組みます。また、今回は、那覇商工会議所青年部(YEG)の定例会の中の勉強会「委員会アワー」の一環として開催にご協力をいただきます。

今回のテーマ(課題)
  
災害等の停電時の在宅介護家庭における
課題の解決のため、どんな協働が可能か?


論点提供者:
 照喜名 通(認定NPO法人アンビシャス 副理事長)
 根本 哲也 氏
  (国立長寿医療研究センター 診療関連機器開発研究室 室長)

介護が必要な方がいる家庭では、停電すると命を支える機器(人工呼吸器等)が使えなくなってしまいます。昨年の大型台風では、予備電源や自家発電の準備・操作や、病院への避難など、在宅介護家庭だけでは解決できない問題がたくさんあることが浮き彫りになりました。この課題について情報を共有し、解決のアイデアを出し合えればと思います。
   

●開催日時 2012年6月12日(火)19:30~21:00
●会場   那覇商工会議所 2階ホール
   那覇市久米2-2-10 
  
●着席メンバー NPO、企業、行政、報道等に所属する有志(下記参照)
●アドバイザー 川北秀人 氏(IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表)
   
●主催  那覇商工会議所青年部
●開催協力 なは円卓会議メンバー、NPO法人まちなか研究所わくわく
  
ーーーーーー
  
●参加について
どなたでもこの円卓会議を会場でお聞きいただくことができます。
希望の方は、みらいファンド沖縄まで、
お名前とご連絡先(メールアドレスまたは電話番号)を添えて、
6月11日(月)12:00までに、メールまたはFAXでお申込みください。
  
お申込み先
e-mail office●miraifund.org ←●を@に変えて送信ください。
FAX. 098-884-1124
   
※円卓会議終了後に懇親会が同会場であります。
 これに参加される方は、参加費1000円を当日いただきます。
  
ーーーーーーーー
   
●着席出席者(なは円卓会議メンバー) *予定
・ 眞榮城 嘉政(真地団地自治会 会長、那覇市自治会長会連合会 副会長)
・ 島田 聡子(那覇市市民文化部 参事監)
・ 上間 正敦(沖縄タイムス 社会部デスク・論説委員)
・ 添石 幸伸(那覇商工会議所青年部 会長、
      税理士法人添石綜合会計事務所 所長)
・ 渡具知 豊(沖縄県中小企業家同友会北部支部 幹事長、
      しまんちゅビジネス協議会 理事、(有)渡具知 社長)
・ 知花 茂(沖縄県労働金庫 総合企画部 次席調査役)
・ 糸数 貴子(NPO法人おきなわCAPセンター 事務局長)
・ 照喜名 通(認定NPO法人アンビシャス 副理事長)
・ 小阪 亘(公益財団法人みらいファンド沖縄 代表理事)
  
ファシリテーション:宮道 喜一(NPO法人まちなか研究所わくわく)
司会進行:平良 斗星(タイフーンfm 社長)

ーー
●お問合せ
公益財団法人みらいファンド沖縄
  那覇市首里当蔵町1-11-20 新垣ビル1F
  TEL. 098-884-1123
  https://miraifund.org
ーーーーーーー
   
「地域社会のみらいを考える円卓会議」については、こちらをご覧ください。
2012年1月の開催
2011年2月の開催