公益財団法人 みらいファンド沖縄

(終了)【ご案内】2/13 やんばる木育円卓会議(3)@那覇

*** このイベントは終了しました ***
*** ご参加ありがとうございました ***


 みらいファンド沖縄では今年度、国頭村の「木育」をテーマに、村内で連続して地域円卓会議の開催をお手伝いしてきました。3回目となる今回は、那覇で開催し、「木育」や国頭村の森林業について、より多くの方と情報を共有していきたいと考えております。
 どなたでも、この会議のようすを会場でお聞きいただくことができますので、ぜひご参加くださいませ。資料の準備の関係上、事前にお申込みいただけるとたいへん助かります。
   
チラシのダウンロードはこちら yambaru-rt3_fryer
   
【第1回(9/24)の会議】
テーマ:森とともに生きる国頭村から発信する「木育」
  ミニレポートは、コチラ >>> https://miraifund.org/?p=7388
【第2回(12/19)の会議】
テーマ:国頭村から発信する「木育」をどこに届けていくか?
ミニレポートは、コチラ >>> https://miraifund.org/?p=7531

    
ー●●●ーーーーーーーーーーーーーーーー
やんばる木育円卓会議(3)
開催のご案内
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   
 国頭村森林公園 交流センターが「やんばる森のおもちゃ美術館」として、11月2日に生まれ変わりました。国頭村の森林資源を活かし「木育」をテーマとしたこの施設は、木のおもちゃに触れて遊ぶことができる他、内装・家具にも国頭村産の木材を使用し、やんばるの森林業・木工業のショールームとしての役割も担います。この円卓会議は、美術館の周知を行いながら、「木育」をキーワードに、国頭村のまちづくり・産業振興にもつながる対話の場として開催いたします。

ーー● 会議のテーマ ●ーー
「やんばるの森林資源を使って守るため、
 「木育」をどう拡げていくか?」

ーーーーーーーーーーーーーー
やんばるの森は、沖縄に暮らす人々に多くの恵みをもたらしてきました。しかし、産業構造の変化などにより、木材需要が減少し、森を使いながら守る古来からの循環が崩れつつあります。
   
これまでに2回国頭村内で開催したこの円卓会議では、国頭村の人々が森とともに生き、森を守ってきた歴史や、それを沖縄全体に伝える必要性などについて議論を重ねてきました。3回目となる今回は那覇で開催し、やんばるの森林資源を活用しながら守る方法・アイデアについて、より多くの方たちと一緒に考えていきたいと思います。

ーーー ーーー ーーー

●開催日時 2014年2月13日(木)18:30〜
   ※開場は18:00、終了は21:00予定
   
●会場  九州沖縄トラック研修会館 第1研修室
 
大きな地図で見る
    

●着席出席者(順不同) *2/3時点
・ 西銘 生喬(国頭村森林組合 代表理事組合長)
・ 上里 幸秀 氏(沖縄県 森林緑地課資源活用班 班長)
・ 平良 勇 氏(国頭村観光物産株式会社 支配人)
・ 山川 安雄 氏(NPO法人国頭ツーリズム協会 代表理事)
・ 浦崎 典子 氏(くにがみ児童クラブ)
・ 小宮 啓明 氏(株式会社JTB沖縄 観光開発プロデューサー)
・ 大城 靖(国頭村役場 経済課 課長補佐)
・ 多田 千尋 氏(東京おもちゃ美術館 館長)
・ 他、調整中

ファシリテーション:宮道 喜一(NPO法人まちなか研究所わくわく 副代表理事)
司会進行:平良 斗星(公益財団法人みらいファンド沖縄 副代表理事)
     
* 会場からも質問・発言をしていただける時間を設ける予定です。

●主催  国頭村森林資源活用促進協議会
●協力  NPO法人まちなか研究所わくわく
   公益財団法人みらいファンド沖縄
   
●お問合せ:みらいファンド沖縄 tel:098-884-1123
  
   
チラシのダウンロード >>> yambaru-rt3_fryer.pdf

  
どなたでもこの円卓会議を会場でお聞きいただくことができます。
資料の準備の関係上、事前にお申込みいただけると助かります。
ご希望の方は、下記の事項を添えて、
2/12(水)17:00までに、メールまたはFAXで
みらいファンド沖縄までお申込みください。
  ・お名前、ご所属
  ・参加希望人数
  ・ご連絡先(メールアドレス or お電話番号)
メール申込み先 office●miraifund.org ←●を@に変えて送信
FAX 申込み先 098-882-2400
      
※資料が足りなくなった場合、事前にお申込みいただいた方に
 優先配付となりますことをご了承ください。

●円卓会議とは
 多様者な主体が積極的に参画して運営する、お互いの力や課題を共有しながら対話を積み重ね、協働できる地域社会の実現をめざす場のことです。企業経営や行政政策、プロジェクト推進などさまざまな分野で「マルチ・ステークホルダー・プロセス」が世界的に注目されています。これを実践する場として円卓会議が日本各地で実施されています。

参考)みらいファンド沖縄が、これまでに開催・支援した地域円卓会議
https://miraifund.org/?page_id=6675