公益財団法人 みらいファンド沖縄

【ご案内】沖縄まちと子ども基金を支援【書籍『15歳へのバトン』】


  
 沖縄の中学生たちによる、各界で活躍する方たちのインタビュー集『15歳へのバトン』という本が、2013年6月23日より発売されます。教育、スポーツ、政治、芸術、NPOなど、さまざまな分野で活躍する方々から、沖縄の子どもたちへのメッセージが詰まった本です。
 この本の売上の一部を、「沖縄まちと子ども基金」に寄付していただけることになりました。
   
2013.7.2 琉球新報での紹介記事 >>> [ pdf ]
   
2013.8.10 タイフーンfm「マジカルミステリーツアー」に、この本に関わった生徒たちと一緒に出演いただきました

bg

130810門林良和(かどばやしよしかず)/「15歳へのバトン」著者、興南中学校社会科教諭
2013年8月10日 更新
ダウンロード
タイフーンfm

    

 この本では、興南中学校の生徒たちが2011年から2年間に取り組んだ、21のインタビューが収められています。インタビューに応えてくださった方たちは、下記でご紹介していますが、あのプロ野球チームの監督から、県内のNPO法人代表まで、実にバラエティに富んでいます。この取り組みを指揮したのは、門林良和さん。興南中学校の社会科の先生です。
 進学・進路に関する不安は、若者たちの中で大きくなる一方です。そんな子どもたちに、これと決めた道を歩んできた人たちから、その思いを聞いてもらい、それが「未来への道しるべ」になれば、と考えてスタートしたこの企画。報告書の形では一旦まとまっていたのですが、もっとたくさんの若者たちに届けたい、と書籍化することになりました。
  
 ご縁あって、「沖縄まちと子ども基金」へその売上の一部を寄付いただけることになりましたが、門林先生は「本の内容はもちろん、本の売上も沖縄の子どもたちへ循環し、沖縄の子どもたちの未来に役立てば」という思いで、この基金を寄付先として選んでくださったそうです。
     
 『15歳へのバトン』は、県内の書店でお買い求めいただけます。大人が読んでもとても興味深い内容になっています。ぜひご購入ください。

  
15歳へのバトン
 僕たちが“沖縄”を受け継ぐ前に聞いておきたいこと
  
夢のバトンプロジェクト 門林良和・編
  
[ 掲載インタビュー ]
 池上 彰    今村 久美
 浦崎 雅代   大田 昌秀
 藤原 和博   我喜屋 優
 喜多川 泰   具志堅 隆松
 税所 篤快   新里 英之
 鈴木 章    照屋 朋子
 仲井眞 弘多  羽根 拓也
 原 辰徳    比嘉 俊次
 東 良和    平田 大一
 三田 紀房   宮崎 政久
 茂木 健一郎
     
価格:1,050円(税込)
発行:2013年6月23日
  ボーダーインク社
  
こちらから、お買い求めいただけます。
>>> http://www.borderink.com/?p=8932
      
購入申込みフォーム付きチラシ >>> fryer_15sai

   

▲できあがった『15歳へのバトン』を持ってきてくださった、門林良和さん(左)(2013.7.5)

「沖縄まちと子ども基金」については、>>> こちら