公益財団法人 みらいファンド沖縄

(終了)【ご案内】沖縄まちと子ども基金 設立記念フォーラムの開催

***   このフォーラムは、終了いたしました   ***
***多数のご来場をいただきありがとうございました***




 みらいファンド沖縄では、みなさまからの寄付を蓄積し、沖縄の社会課題の解決に取り組むNPOへの助成を行ってきました。
 昨今、貧困・孤立など、沖縄の子どもたちをとりまく現状について、非常に危機感をもって語られています。この課題に対し、県民みんなで取り組めるしくみとして、この「沖縄まちと子ども基金」を設置することにいたしました。
 この基金へ寄せられた県民のみなさまからの寄付を蓄積し、NPOが取り組む、沖縄の子どもの貧困や孤立などを解決する事業に対し、助成を行っていく計画です。

 つきましては、本基金設立を記念し、以下のようなフォーラムを開催いたします。本基金テーマに携わっていらっしゃる方はもちろん、ご関心のある方ならどなたでも参加できます。

「沖縄まちと子ども基金」設立記念フォーラム
沖縄の子どもの貧困・孤立の解決のためにわたしたちができること


チラシのダウンロードは >>>[こちら]

   
日時   2012年12月8日(土) 15:00〜18:00(開場14:30) 
※フォーラム終了後に交流会があります
場所   那覇市職員厚生会館 多目的ホール
那覇市上下水道局庁舎B棟3階(那覇市おもろまち1-1-2)
会場地図: http://goo.gl/maps/HJq7W
参加費   無料  (交流会は1000円)
定員   100名

  
プログラム  
【基調講演】 社会を変えるためにNPOはどう声をあげるべきか(仮題)
   関口 宏聡 氏

   (NPO法人シーズ市民活動を支える制度をつくる会 常務理事)
   http://www.npoweb.jp/
【事例報告】 『沖縄の子どもの貧困と進路 ―高校生1000人調査より―』を通じて考えたこと(仮題)
   秋吉 晴子 氏

   (しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄 代表)
   http://smf-okinawa.org/
【グループトーク】 沖縄の子どもたちを支える協働のまちをめざして
   関口 宏聡 氏(NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会 常務理事)
   秋吉 晴子 氏(しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄 代表)
   儀間 小夜子 氏(NPO法人こども医療支援わらびの会 事務局長)
   比嘉 智 氏((株)沖縄ファミリーマート ブランディング推進室 室長)
   長田 英己 氏(気候アクションセンターおきなわ、沖縄県域市民活動支援基金設置検討委員会委員長)
   小阪 亘 (公益財団法人みらいファンド沖縄 代表理事)

参加申込方法   事前申込みの方を優先しますので、お名前、ご所属、お電話番号、Eメール、交流会参加の有無を明記して、メールもしくはFAXにてみらいファンド沖縄までお申込みください。(12/5 17:00まで)
*交流会の参加費1000円は、フォーラム当日、受付にてお支払いくださいませ。
*資料の準備の都合上、できるだけ事前にお申し込みください。定員に達し次第、〆切らせていただきます。
*定員に余裕がある場合、当日参加も受付いたしますが、資料の数が不足した場合はご容赦願います。


主催   新しい公共の人材育成と資金循環の持続可能なしくみ構築事業共同体
*平成24年度沖縄県「新しい公共支援事業」の一環として開催いたします。
後援   (社福)沖縄県社会福祉協議会、沖縄子ども研究会、沖縄タイムス、琉球新報、タイフーンfm (順不同)
お問合せ・参加申込 公益財団法人みらいファンド沖縄
  e-mail:office●miraifund.org ←●を@に変えて送信ください。
  FAX:098-884-1124
  TEL:098-884-1123

   

沖縄式地域円卓会議開催マニュアルの電子ブックレット販売(PDF)

沖縄式地域円卓会議は、社会課題を市民参加で解決したいと考えている方々の一助になりたいと考えて開発されたもの、沖縄県内で70回以上の開催が実現し、たくさんのお問い合わせを頂くようになりました。
電子ブックレットではエッセンスをまとめたマニュアルをお届けします。
地域円卓会議の準備段階にもウェイトを置き、[1.テーマ決めのプロセス][2.着席者を決めるプロセス][3.当日までの準備やコミュニケーション][4.当日の運営][5.報告書作成]の全過程をわかりやすく説明するテキストとなるように企画しました。

お申し込みフォーム