公益財団法人 みらいファンド沖縄

沖縄の移住定住を考える 地域円卓会議 in やんばる

tiikienntaku

2017.10.02

 開催日時 

2017年10月26日(木)18:30-21:00 (受付開始:18:15~)

 開催場所 

国頭村民ふれあいセンター ホール

■沖縄県北部におけるテーマ

自然に恵まれつつも人口減少傾向のやんばる地域で、連携した移住定住促進を進めるには?

■論点提供者 宮田 健次 氏(東村 企画観光課課 課長)
「やんばる」といわれる県本島北部地域の中でも、国頭村・東村・大宜味村の3村と名護市の市街地以外は特に自然に恵まれ農業が盛んである一方、人口減少率が比較的高く、移住定住も含めた人口維持施策は喫緊の課題でもありますが、県外他事例などと比較するとまだ進んでいない部分も多いのが現状です。そこで、本円卓会議では3村+名護市より多様な方をお呼びし、移住定住について議論を交わし、推進/慎重それぞれの意見も伺いつつ、地域間での連携可能性も含めて地域にとってより良い方法とは何か、そのために今すべきことは何なのかを考えたいと思っています。

■県外事例話者 八代 健正 氏(NPO法人 おせっ会(千葉県館山市))
移住定住を促進する地元発NPOとして、館山市役所と連携しながら移住希望者の相談窓口になり、約160世帯・350名の移住を支援。行政だけでもなく、完全に独立した立場でもなく、地域活性のために民間として移住者受け入れを行い続けるスタイルは、千葉県内のみならず全国的に注目を集めています。今回は八代さんの今までの取り組みを聞きながら、やんばるでどう活かせるのかを考えていきます。

■着席者
・宮田 健次 氏(東村 企画観光課課 課長)
・自治会長(調整中)
・服部 吉伸 氏(合同会社 結くにがみ 代表)
・松尾 太士 氏(名護市久志支所 地域おこし支援員)
・メディア関係者(調整中)
・八代 健正 氏(NPO法人おせっ会 代表理事)

司会進行:平良 斗星 氏(公益財団法人みらいファンド沖縄 副理事長)
県事業説明:仲村 卓之 氏(沖縄県企画部地域・離島課 班長)
記録者:宮道 喜一 氏(NPO法人まちなか研究所わくわく 事務局長)
 

■会場参加の申込み方法
参加費は無料です。どなたでも、この円卓会議を会場でお聞きいただくことができます。
ご希望の方は、一般社団法人しまのわまで、お名前・ご所属、ご連絡先(メールアドレス)を添えて、メール又はFAXにてお申し込みください。。
e-mail:iju@shimanowa.org

■主  催 沖縄県企画部地域・離島課

■協  力 NPO法人ふるさと回帰支援センター、一般社団法人プロモーションうるま、一般社団法人しまのわ、公益財団法人みらいファンド沖縄

■お問合せ 一般社団法人しまのわ(担当:平田 TEL.090-3917-2973)

■ 円卓会議とは
「地域円卓会議」は、地域社会において多様な主体が連携することをめざし、テーマ(課題)を共有し、アイデアと知見を持ち寄り、ネットワークを構築するための対話の場です。企業・行政・地域・学識・メディア等、多様な見地を有するメンバーが一堂に会し、提示された課題を多角的な視点から考察し、解決をめざして議論します。