公益財団法人 みらいファンド沖縄

現在募集中の基金メニュー

乳がん患者が「元気に乳がんと闘う」ための環境づくりプロジェクト(5)

治療にまつわるさまざまな悩みを相談できる場が求められています

乳がん患者が「元気に乳がんと闘う」ための環境づくりプロジェクト(5)

この基金に寄付をする

銀行振込
沖縄銀行 鳥堀支店 普通1394699
郵便振替
01780-6-149204
【通信欄への必要事項】 乳がん患者が「元気に乳がんと闘う」ための環境づくりプロジェクト(5)

この基金への寄付総額(2016/9/31)(11人)

1,265,000

寄付募集目標額 (受付開始日 2017/8/31

1,380,000

※領収証やこの事業の報告を希望する方

1.「寄付申込みフォーム」からご連絡ください

2. ご指定の方法で寄付をおこなってください。

3. 入金が確認でき次第、領収証を送付いたします。

img

増え続ける乳がん

日本では12人に1人の女性が乳がんにかかるといわれ、沖縄県内でも年間700人を超える女性が乳がんの告知を受けています。治療も長期に渡るケースが多く、患者本人とその家族にもさまざまな負担がかかるため、情報提供や精神的サポートが必要とされています。しかし、乳がんは女性特有の病気であることや、間違った認識からの偏見があり、周りの人に打ち明けられず一人で悩んでいる女性は少なくありません。

img

ぴんく・ぱんさぁ リボンズハウス

浦添市に開設している「ぴんく・ぱんさぁ リボンズハウス」は、沖縄県内すべての乳がん患者のためのピアサポートサロンです。患者同士が治療法などについて情報交換をしたり、抗がん剤の副作用との付き合い方や再発防止のための講座を受けることができるこのサロンに、昨年は約800名の女性が訪れました。医療機関とは違った角度からのサポートが受けられるこのサロンの魅力は、ここに行けばいつでも体験者の声が聞ける「心の拠りどころ」であること。患者同士が集まることで、「仲間がいる心強さ」「乳がんと闘う前向きな気持ち」が持てると喜ばれています。さらに、乳がんに関する認知を高める活動も行っており、特に、検診の大切さを知ってもらい、それによる早期発見を促していきたいそうです。

全ての女性が元気に乳がんと闘うために

このサロンの運営継続のため、ぴんく・ぱんさぁでは支援を求めています。乳がん治療は長期間となるため、患者がいつでも安心して相談に訪れることのできる場所が求められています。全ての女性が元気に乳がんと闘うことをサポートするこの事業を、どうぞご支援ください

NPO乳がん患者の会ぴんく・ぱんさぁ

活動目的

(1)県内の乳がんを患った女性同志のネットワークで、乳がんの正しい知識と情報を共有することにより、生活の質・治療成果の向上を図ることを目的とします。(2)自分たちの体験を通し、乳がんの早期発見・早期治療の大切さを訴える啓発活動を行い、検診率と早期発見率のアップを目的とします。

活動内容実績

(1) 年一回の広報誌ぴんく・ぱんさぁの発行(1~10号)と患者懇親会を開催
(2) 専門家による「女性のための講演会」の開催
(3) 抗がん剤治療を経験した美容師さんによるウィッグ相談日(第2.4火曜日)、若いメンバー(20~40代)が集まるぴーち会(第2水曜日)、リンパ浮腫勉強会(第4水曜日)を開催し情報を発信。
(4) 乳がん検診受診啓発活動(ピンクリボン活動)

主な活動分野

代表者

与儀 淑恵

連絡担当者

与儀 淑恵

設立年

2005年

電話番号

070-5487-9721

メール

pnkpnsa@yahoo.co.jp

URL

http://www.pnkpnsa.okinawa

所在地

〒901-2133

浦添市城間2-3-1 マンション波平105号


大きな地図で見る

連絡方法

郵便、または携帯電話への連絡をお願いします。